2017/04


2月19日は雨が、1年で24節気に第二の節気です.毎年2月18日前後、太陽は黄317に到着して.この時点で降水量、降雨量は徐々に増加、湿気も強めている.杭州市の漢方医院内科の主任医師に何迎春みんなに注意して、以下の4つの方面からを雨の節気の養生.

祛湿ガス宜食粥

ハトムギの仁の党参粥は1項の祛湿上物粥.鳩麦健の好み、消むくみ、風を取り除く湿、舒筋骨、清肺熱、またそれは美容効果も、化粧品の主な成分ハトムギの実から抽出したが、顔に塗って食べるというより事、それは内が着く外にも栄養を補給する.また、ハトムギの仁は、得難いな抗がん剤としてもあり.党参味の甘性は引き分けして、内臓を強くする補って、益の息を持って肺の機能に対して唾液の分泌を促進して、好みの虚弱、食欲不振、大便はまばら沼などが良い治療効果.

ハトムギの仁の党参のかゆのやり方は簡単、取り薏ヨクイニンさんじゅうグラムをきれいに洗った後に水を入れ、に浸す時間;党参じゅうごグラムをきれいに洗った後に薄切りにして、うるち米は200グラムをきれいに.3者入れる鍋に、1000ミリリットルミリリットルを入れて.先に大火で煮沸、鍋は開沫の泡に殘、また小さい火から30分も熬うとした.おかゆが熟した後、個人の好みによって氷砂糖を入れて味を入れて.毎日朝食に食べるだけではなく、内臓を強くする祛湿、さらに気補血は実にの値の滋養補給上物.

このかゆ滋養補給効果はいいが、回虫症、大便の乾燥している結びと气滞、のぼせ大の合わない食べて.

はハトムギの仁の党参粥以外、脾臓を濡れた食べ物がたくさん、例えば茯苓、オニバスの実、アワ、ニンジン、冬瓜、レタス、インゲン、そら豆、フナの魚など.日常食において、私たちはこの食品を多く食べます.

注意しなければならないのは:山椒が散寒祛湿、炒め物をするときは、特に炒めほうれん草、セロリ、大根など冷たい性あるいは涼しい性の野菜を入れた時、適量のいくつかのサンショウが、のぼせやすい人は必要ない.普段あまり寒いの食べ物を食べること.