2016/12


私たちが知っているすべて消化管は人体の主な吸収、排泄管であり、人体の重要な並ぶひどいパイプの一つで、人体をふん、尿、発汗などを通じて物を直ちに体外を排除して、だから私達は体内の毒素を排除することを通じて、いくつか食べて食物等の方式によって毒を排出する.

p体内でデトックス方法の野菜デトックス

花椰菜1、ハナヤサイ

効果:整理血管ブロッコリーを含むフラボノイド最多の食品の1つは、感染を防ぐことができて、やはりいいの血管をかたづける剤、コレステロールを阻止できる酸化を防ぐために、血小板凝結ブロックは、それはまた血管壁を強化し、肥満、視力は衰弱や水腫れて効果がある.よくブロッコリーを食べて肝臓の解毒能力を増強して、風邪と壊血病の発生の発生を予防することができます.

pおすすめレシピ「ハナヤサイ.

制法:切って、きれいに洗って、滴の幹のブロッコリーを入れて,卵、かたくり粉混ぜる熱した後、鍋を塗る入れ、カリフラワー、揚げ~金色にすくい;鍋に殘して油を入れて、ショウガ、赤ピーマン、下によく揚げる花菜,塩、化学調味料,回虫症、転職ネギ炒め透、ぬれ入ごま油は.


回虫症は、世界で人回虫症の感染者は14億人、回虫に原因する腸閉塞などで年間6万人が死亡していると推測されている。日本国内での感染率は1%未満と考えられている。主な症状としては、殆どが無症状ですが、肺に移行する時に一過性の肺炎症状をおこすこともあり、きつい咳や喘息発作も見られます。 滅多には見られませんが多数の寄生虫が絡み合って塊を作ると腸閉塞を起こす場合もあります。 回虫は一定場所に留まってはいませんからいろいろな症状を来たす可能性があります。 胆管、膵管、虫垂などに侵入すると激痛を覚えたり胃に入ると口から吐くこともあります。

回虫症は、野菜の経口摂取や、食べ物に付着したほこりなどを介して、回虫の幼虫包蔵卵を摂取することにより起こります。幼虫包蔵卵を摂取すると、小腸で孵化し、幼虫が血中に侵入します。血流を介して肝臓、心臓、肺、気道を経て再び消化管に達し、小腸で成虫として寄生します。幼虫が体内を移行することが、回虫性肺炎を起こし、また、大量の成虫が迷入することが、胆のう炎や虫垂炎の原因となります。

治療法
■駆虫薬の投与
駆虫薬を投与することによって、回虫を駆除し、下痢などの症状が見られる場合は、下痢止めなどが処方されることもあります。多頭飼いの場合には、1匹の猫ちゃんだけでなく他の猫ちゃんも感染している可能性もあります。なので、回虫症と診断された場合には他の猫ちゃんすべてを検査、もしくは予防として駆虫薬を投与することが望ましいです。

予防
回虫症の予防で大切なのは、加熱処理した食品を食べることです。また、衛生状態にも細心の注意が必要です。ヒト回虫の卵を口にすることで感染してしまうため、糞尿を肥料にしている場合は、しっかりと洗浄し、熱処理をしてから食べるようにしましょう。世界中で10億人もの感染者が確認されています。衛生状態の悪い地域に旅行した際に、回虫症に感染するリスクがあります。生ものはできるだけ避けたり、調理方法にも注意したりすることが大切です。