遠いところ、回虫症ぼんやりした朝

私は窓の外の暗い、すでにだんだん薄くなって、私はすでに近い空の薄い灰色の日、私は少し懐かしさ、また私に少し不安、大概は夜明け前の感じ,
.

それは遠くから漂ってくるかぐも見えない炊煙で、縷縷の炊煙は風に広がり、漂う、何かになっているのだろうか.私は、遠くに聞こえたニワトリが鳴く,シャープや鳥私もよく知りません.遠く故郷の朝はたぶんこんなでしょう.少し寒い空気、淡い煙、澄み切ったニワトリが鳴く.私は見ても聞こえない、でも、私の心は感じる、そんな簡単な純粋さの感じ……

これは、故郷を思い出す時の気持ちだろう、私の故郷はどこですか?私が生まれたところですが、私は子供のころのところを過ごしているのですか?じゃ、私の成長の場所は何かな?

窓外の灰色になって晴れた日に雲の色,回虫症、私の枕元の燈を消してすべきか、下りて歩いて,私を裁く徹夜したの疲れは寝返りを続けて、私の睡眠.

に窓から外を見ると、私は見た人が掛かっている露の木、濡れメの草、感じた遠いの湿っぽくて、ひとときの清涼は私はその遥か遠い地方朝のすべての感じで、遠いあの何粒の露の玉は、私の胸に多少の湿った.