蝉の回虫症音は遠く遠く

盛夏盛夏盛夏盛夏盛夏盛夏盛夏盛夏盛夏盛夏…

p>は何起<筆をとってから?あ、そうだ!この夏私はひぐらしが特に多い、惜しい私は蝉しぐれ、特に今年の夏に記録の蝉は上調子なわずらわさ人のきりがない.

それら絶叫の私麻痺後、後に私は私を忘れてはなかなか慣れて,甚だしきに至っては今日寒く後の初秋の蝉の声を聞いて,回虫症、私はあれらの日開始を懐かしくそれら中のでのように叫ぶ.今はただかすかな何の音がかすかにこだまする.

pは…今日は少し日光ですが、この天気はまた雨が降りそうです.烈日に行き、秋雨の涼し、彼らは太陽に迎えて歌って歌います.

pは年月がいないとしても…それらはまた余力を叫び,
,私はようにそろそろ涼しく意去って、私に何が出来る?まだ聞こえてた!まだ見えるの!僕はまだ感じる!生きている、しかも芳香の花をもらっても.太陽のように暖かでまた烈日ほど上調子ない…

その夏のよじん私はまたあの群の中で燃えるような燃える靑春を見ました.

今年の蝉しぐれはますます遠くなって、来年またますます近くなって…