糖尿病人は3食後1時回虫症間運動

ある病友習慣を一日のトレーニングも集中午前、朝ごはんを食べてから鍛えに鍛えて、時間に~さん、午後とない夜を鍛えて、このような方法は科学的ではない.一日に1度鍛えられないと、三度の食事後も運動をしなければならない.運動の最優秀時間は食事後1時間(1口から食べて)1時間.食後のいち時間は血糖作用の最高峰で、利用のインシュリンは比較的多いけど、ほとんど病友食事の後に釈放いち時間ない十分なインスリンがインスリン抵抗も生まれは、運動を改善するインスリン抵抗軽減膵島負担は、膵島放出があまりにも多くのインスリンを避けるために、膵臓不全、徐々に回復膵島機能.

運動量が大きいとか運動時間が長くなり、交感神経が興奮し、糖ホルモンが活発になり、血糖値が上昇します.運動時間が長い間、人体はストレス状態になり、血糖反応性が高くなり、2型糖尿病患者に多く見られる.1型糖尿病患者の運動後、血糖値が低下し、1型糖尿病患者インスリンレベルが高い(自己インスリン分泌不足)、出現可能性が先に高血糖、そして高血糖.

は多数の糖尿病患者にとって、正午は血糖最高の時.インスリン治療の患者は朝晩注射インスリンだけ注射、朝のインスリン作用は正午には.また、多くの患者のお昼を食べている患者が多い、早食いや熱すぎて、もしお昼薬を飲まないや運動しないで、血糖上昇しやすい.ここで強調するのは、患者の食事の後はすぐに昼寝して、先に運動再昼寝をする.薬は受動血糖降下、運動が自発的に減らす.運動は、膵島機能改善、身体免疫力、その他の疾病を予防することができます.