眠れない_回虫症いち

の気温が下がり、夜の風が冷たくて、それでも私は依然として好きに窓が開いていて、風が吹いてカーテンのひらひらと響き、ただ俺は気にしても,平気の平左過ぎれカーテンが風に苦しいくねらす……寒いのが好きですかかもしれないでしょう、もしかするとあれらの風力吹か胸の少しの烦乱.

真夜中の私は無心睡眠、本を読む数ページも何気なく続き,突然あなたは更に別の考えが烦乱、任どんな心ずっとも静まりませ、私達の短い物語幻片のような一段……

失意時あなたに出会って、あなたは私を励まして、私を慰めて、知り合いの時間は短いが、確かにあの時の私の宝を手にしたようで、僕の心もとても大切にしたいよただ、ただ、ただ、すべてが速すぎ、私たちは心が乱れていて、私達は心を静めて行きたい時、やっと発見します私たち出会いは想像より美しい、付き合い以来私たちは性格があまりにもかけ離れている……

今夜も夢を思い出すようで、普通は,,回虫症、ただ無心、おそらくこれは最後に一回読んでから、これからもうあなたのために眠れない、夜はとても静かで、ただ風に吹かれて穏やかな私の知っているカーテンの声……私は休みたいと思っています!不安よ私の心は!