未来には靑春と靑春の回虫症感想

昨日は小説

歳月が無声

だった

昨日見た小説

もう上映されて

映画

が上映されている
Pは歳月が無声

Pの中には一言

と覚えています

あなたの過去私は私が参加するの

あなたの未来私は結局

につき合っます私はまだ幼稚で旦那さん

何遍も読みました

こんな話

これなら

態度


過去と未来の態度

は過去と未来の態度に対して<P>ですp> 30歳の私達<

靑春遠く

もっと自分を大切にして

生活

を大切にする

対過去にすぎない
からみ合う過去ない
新しい生活を始めることができない
未来幻想にすぎない
行けない期待完璧な
現実ない真実の過ごし今日

私たちはこのようなとき

感情に対して生活

もっと包容することを大切にして

を大切にしてね

使い马卫国のあの言葉にとって
だれ彼のお母さんのい過去よ

ですね.生活は本ですが,

<生活:ネット

では

ネット

生活:ネット


今の自分
縺れのない考え事
抑鬱ない
鬱のない
かつて不公平

を想うのはPは以前の経験をさせて

傷心涙

風に退散

前を経験させて

鬱もがく

歳月流

自分の心の清純,回虫症、透明

成熟した顔にしか殘

いっぱい笑う….