夢の回虫症天空の城

煙雨煙雨煙雨煙雨煙雨煙雨煙雨霧雨霧雨霧雨.

柳絮が二月日、あなたをしっとりと濡れた橋の傘の石畳の上に歩いたことがあって、古い幽緑のコケ漫布を伴って,何回の漁民の歌う歌,回虫症、水郷のそれでは夕日の倒影のほとりであなたの淡い憂いと悲しみと振り返って見て、分からないのはどのように憂鬱がこんなに忘れられない、無辺の夕日の光景で、しきりに振り返ってみる.

又逢その桃林で、あなたの踊り、裙裾手に漂い、長い髪が乱れている模様と違って、また数日前の悲しみ、迷わずのようで仙人、超然としない、人の心は起伏.

振り返る間黙って向き合う止まった時間に戻った前世、輪廻の道中あなたが惜しまない涙の身世は、変わらないあなたのこと.頭の中の映像の一幕一幕の後退ますあなた私初めて出会った少年時代、それが明らかに画面が濡れた目の縁、誰をまだ覚えている若い時の約束をして,私の髪や腰、少年は私をめとる折よくか?目の前の白衣の少年は楽しみに承諾して、あれはあなたはすぐに少し長.

振り返って、あなたは私のそばにいて、互いに眺めて、涙はとても泣いて、読みくん、タイム、卿待ち望ん数世長.

おかげで出会い未嫁が待ち望んでいた時、幸佳人、幸が記憶を終回还、幸が再び会う人間,.