回虫症25歳

人は25に1つの過渡期に入った、このような過渡期は、払っても生涯!二十数年の物語、幼稚期の無脳,
,回虫症、反抗期の衝動、思春期の無知、だんだん開いた成熟のペースで、変わった子供時代の思想を事業と今の主にして、それによって自分の生涯を見落とした!そこで、戸惑う、あわただしくと苦労の大軍にも入っていた.でも、どうして私たちはまだ完全に終わってないのに、どうして私たちは負担をかけているのか.重任とは?

今の人ごみの中で、1つの若い顔の上で本は伸びやかの眉間、しっかりロックして;本それとも純真な顔で、憂鬱に満ちて;本は清らかな心です;.社会からのリズムが早い,進歩が大きいのか.それとも家ではポジショニングが高く、要求が厳しい?それとも生活の圧力が大きい、負担が重すぎるか?誰が誰に明示することができますか?誰が誰に解釈することができますか?できない!これは自分が最も分かって、運命の走も自分で掌握することしかできません!が痛いのでないために、もうそんなに苦くて、もうそんなに疲れて、ゆっくりと人が、利己的で、偽り、名利犬の糞で仇を討つためには、この社会が始まって濁って,若い私たちも逃げる世俗の勧誘が波を流した!