回虫症私

Pはにぎやかなキャンパス、やはり1人のあるいは多くの学友はこの熟知する土地の上に熟知します.冬の末、天気は熱い人を読めない、出かけないときは静かな思想、ひとりで歩くノ広いキャンパス大通りにはされているように風吹掉の落葉のように、どこかへ!

p>,
;いた
<n長いキャンパス、道端の景色を失った従来の話題もない、学校の戻った激情、退屈こそ止め1秒、首を伸ばして狙って下広告位に何かニュースは、往々に総住宅賃貸れとセールショックに頭が上がらない!自転車に乗って歩くとき、歩きながら,まわりの人の背中が好きで、気持ちが良い時には背中の中の主人公は何かが、多くの時には、やっぱり、やっぱり!<>
未来への期待はないけど、現実のしようがない、一人のしようがない!どのように考えて、もっと多くの予想、折り重なっがないとどのように共鳴することができますか?同じような主体、同じ追求、依然として異なった客体.ばつが悪い話題は笑うと、笑うと自分の味わう,たくさんのときに味わうのは酸っぱい苦しみ,回虫症、焦がれる酸!

みんなが自分のあわただしいがあるから、急ぐ理由もあるでしょう!(痞子科)