回虫症の症状は知っていますか?

皆さん、寄生虫と聞くと非常に小さな生き物を想像するのではないでしょうか?しかし、皆さんの想像を超えたとても大きな寄生虫も存在します。この寄生虫が体内や体に「寄生」することで、様々な悪影響を体に及ぼすものです。その代表的な例が回虫です。

ここでは回虫症について正しく理解しておきましょう。

回虫症は、寄生虫の一種であるヒト回虫による感染症です。

回虫は線虫という寄生虫の仲間の一つです。線虫と呼ばれているとおり、白く細長いからだをしています。オスと比較してメスのからだは非常に大きく、時に体長が40cmを超えることもあります。目黒の寄生虫博物館などで回虫の標本が実際に展示されていますが、初めて見た人はあまりの大きさに言葉を失ってしまうでしょう。

また、寿命も約1年と寄生虫のなかでは比較的長く、メスは一日に最大約24万個もの産卵することもあって一度体内に寄生すると自然に死滅することはなかなかありません。

回虫を含む様々な病原体による感染を防ぐためにも、農作業やガーデニングのあとはきちんと手洗いを行う習慣をつけることが大切です。

回虫症の症状には、突然の激しい腹痛や発熱、咳などがあります。回虫症はその生育段階によって引き起こされる症状が異なります。感染初期の場合は、原因となるヒト回虫が小腸のなかでおとなしくしているので症状は現れにくく、幼虫が体内の器官に移ると、さまざまな症状があらわれます。

回虫が肺にいる場合、次の症状を起こします:

  • 咳や咽頭反射
  • 回虫を吐く
  • 喘鳴(ゼーゼーとあえぐこと)

回虫が腸にいる場合、次の症状を起こします:

  • 吐き気
  • 嘔吐
  • 便の形状が不規則
  • 胃や腸の痛み
  • 体重減少

大量の回虫が感染している人では、これ以外に疲労感や発熱などの症状が出ることがあります。重症の回虫感染は極度の不快感を起こします。迅速に治療を受けなければ、上記の症状が全部でたり大半が出たりします。

回虫症には合併症が起こることがあります。合併症として腸閉塞と膵炎があります。合併症は寄生虫が体内の他の部位に集まったときに起こります。閉塞、炎症、その他の傷害を引き起こします。また、突然大量の回虫を嘔吐とともに吐きだしたり、便の中に混じったりして出てくることもあります。便検査をすることにより、早期発見も可能となっています。