回虫症の原因

現在、世界で人回虫の感染者は15億人で、回虫による腸閉塞などで年間6万人が死亡していると推測されています。日本国内での感染者は最近増加傾向にあるようです。年齢や性別、住んでいる場所に関係なく感染することがあります。感染は、ものを食べるときいっしょに回虫の卵を飲み込んで起こります。

回虫とはどんなものですか?どのように繁殖しますか?回虫はヒトをはじめ多くの哺乳類の、主として小腸に寄生する動物で、線虫に属する寄生虫の一つです。回虫の体長は人の回虫で30cm位です。線形動物であり、環形動物とは全く異なるので体節も環帯もなく、視細胞などの感覚器も失われており、体の先端に口と肛門があるだけで、体幹を腸が貫通します。

人間を含み、それぞれの動物の便と共に対外へ排出されたそれぞれの動物の回虫卵は、次の宿主への感染能力を育てる為の数日間を外界で過ごし、感染子虫と呼ばれる子虫を中に持つ回虫の卵となります。この卵が何らかの経路で口に入る事により感染が成立します。回虫卵が小腸にたどり着いた後、子虫になり、小腸の壁にもぐりこみます。子虫ですが、腸を食い破ることができます。子虫は、血管やリンパ管の中に入り、その流れにそって体内に散って行きます。それから、子虫葉成長しながら体内に移動します。最終的には肺を通過し気管内に入り痰にまぎれて口へ、そして飲み込まれ食道を下って、小腸に戻って産卵を開始します。

回虫症の感染は、回虫の卵を含む者を飲み込むことで起こります。卵を含んだ人の便で汚染された土壌と接触することで食べものが汚染されます。回虫の卵は丈夫で、土の中で何年にもわたって生存することができます。

レビトラは勃起を促進するのではなく、男性性機能の障害を改善し、正常の勃起を促し、自然の刺激で勃起するということです。