健康食小知識については、10堅果ナッツの回虫症食用禁忌

p>と<信じナッツ、ネットユーザーらも感じないよく知らないで、私たちは普段の生活の中でよく食べていくつかのナッツ、私たちの体の健康はとてもいいです、しかし、食べナッツこの方面でもいくつかのこだわりの、ナッツのいくつかの食用の禁忌は私たちもきっと覚えて私たちは非常に重要な.以下の小編集はネット友達に関係の知識を紹介して、急いで見てみよう.

Pは王と呼ばれる王というのはp>と<作用タブー:アメリカ飲食協会の提案人々、週に二、三度おいしいくるみ、特に中高年や経閉期女性から、くるみに含まれるアルギニン、オレイン酸、抗酸化物質などの保護を心臓血管、心臓病、脳卒中、老年痴呆症の予防などの効果もあり.一度は食べすぎて、消化に影響を及ぼす.ある人はクルミの表面の褐色の薄皮を削り取るて削り取るて、このように1部の栄養を損失することができて、だから、この階の皮を捲るないでください.

栗栗補助治療腎臓の回虫症びくびくする有益故に腎の実

「Pと禁忌:柔らかい食物繊維、糖尿病患者も適量に味わうことができます.でも、栗は消化を消化することは消化しにくくて、火食はまた滯在して、だから、一度に多く食べないで.2食の間に栗を間食、または料理にして食べる、食後大量食べる、多くのカロリーを摂取しないように、体重を保つにはならない.

新鮮栗はカビが生えやすく、カビを食べた栗は中毒になり、変質の栗は食べられない.

ひまわりの種の中の上り詰めの栄養は非常に豊富です

P作用と禁忌:毎日ひまわりを食べて、人体に必要なビタミンEを満足することができます.ひまわりが含んだたんぱく質は各種の肉と匹敵することができて、特にザーメンを製造するのに欠かせない精トリプトファン.よく世間話食冠状動脈心臓病、脳卒中、ヒマワリの種を予防して血圧を下げて、血管の弾力性を守る働き.医学家は、ひまわりは不眠症、記憶力を増強し、がん、高血圧、神経衰弱予防には一定の作用があると考えているという.