人体ダムの回虫症水量調節はどのようにするべきかを調節する

"石門ダム放水路は、「石門景観、ダムが貯水と発電二機能、その貯留量が一定の制限、上限になければならないが、余分な水を排出し、しかも高貯水量、定期をケアしなければならないダム、例えば風土を維持し、クリア汚泥など.人体のダム—膀胱もそうで、定時に尿排出と保養にして.

正常な成人の膀胱、貯水尿量は400 c . cぐらい、一日の総排出量は1500 c . c尿尿が積で100-150 C . C時にすぐに尿意を生み,回虫症、待って350-400 C . Cには強い欲望と小便の時、トイレ行ってなければならない;しかし一部の人いくつかの原因で膀胱容量は小さく、でも毎回小便は150 C . C以内、トイレに頻繁に必要な、一日じゅう度ぐらいトイレ、一時間半時間おきにトイレに行くと到着を報告して、解尿量が少ない頻度も高くて、勇気がないほどに病人の水を飲んで、水は飲めない、尿量はますます少なくなり、悪循環になる場合がひどい.

は、通常は膀胱容量が小さくなり、膀胱の不安定性、尿道ふさがるが引き起こすことが通常です.膀胱容量小さくは常に手術し、電気療法による急性炎症;膀胱時、膀胱になるより敏感、80-100 C . Cに早く解けたい.また一種の非神経性膀胱が安定しないと、間質性膀胱炎、患者の緊張に小便量小回数が多いか;神経性膀胱もこんな症状.

は脳卒中、脊椎の劣化、長腫、脊椎負傷、脳の負傷者のため、神経病変、膀胱が過度に反射して、かなり敏感、50-100 C . Cに解尿たくなる、尿量が自然に少なく、あるいは仙骨傷ついて、手術を行って、破壊支配膀胱の神経中枢、あるいは手術直腸癌、子宮頚がんなど,手術を切除するためなことも、週辺の神経に影響を受けて、この時に膀胱の収縮力には、余尿多.また、かばいや尿道狭窄症は、膀胱には痛みがあり、尿が増え、このとき,膀胱はすぐにいっぱいになり、尿量が小さく、よくトイレになります.

診断に神経性膀胱を必要として膀胱機能検査、前立腺肥大する経静脈腎盂写真術は、超音波検査や肛門を指し、尿検査受診を流速度、炎症を引き起こすなら、検尿検査を見て炎症の細胞が存在するかどうか.詳しく検査をして、病因を探し出して難しいのは難しくない、原因の後治療は軽くて一挙にした.

p>にいろいろな病気<ので多分異なる治療、もし水の量が少ないので、もちろん病人多く水を飲んで、もし神経性膀胱による治療、神経性膀胱、前立腺肥大を肥大組織を取り除き、膀胱無力は訓練膀胱、教導>