一人でい回虫症い。

1.袖をしごきて,前髪を絡げる、本を整理する.これでは自分でも元気が出ていると思っている.放送が抑揚と音楽、思考は頭の中に波涛

うねるが起伏している.瀋吟する瀋んで、つぶやく.

Pは、がしっかりと握り、テーブルの上のコップは鎮定ている.まわりの人は依然として奮している.

私は私はとても感傷的になりやすい子だと認めました.

私はこのたおやかな音楽を耳にしないでください.

私は自分に言います.

p 1人でいいです.

わけもなくのない自分が多感ない.

Pは警戒している.

p私は見えない.見られない.

p私は聞いてない,
.聞こえない.

p

はいいです.このまま.

p3 .人はどうでもいいから、

は露は絢爛に映えて、

陽射し陽射しは万物を浴びて、

虹は眩しい空、

虹はまぶしいそれは、新しい天地と新しい大地で.

一つの花壇の距離、浮遊する光の光線はゆっくりと集まり、目の中に深くて1つの焦点となります.

君はあの光の中、空、自在に笑っている.堅苦しくに堅苦しく.君の話し時,回虫症、動きが大きい.君の限界は、あるのだと驚き、とてつもないだ.

P空は漫然の靑,君のために天真燦然のかわいい、さらさらと映えている.

あなたの喜びは嬉しいです.あなたのかわいがることを心配する.

p>は2011.12.3 .作<.