ろく以上成小六童近視!屋外活動に目「オートフォーカス回虫症」をさせて

中国は1つの4つの児童は1つのが重すぎるか太っていることがあることを持っています.早近眼度に増加して、初年性白内障、緑内障,網膜剥離、黄斑出血、黄ばみ出血、黄ばみ、失明、失明.肥満は心臓血管疾患、糖尿病など慢性疾患の潜在因子.屋外での活動を同時に二つの問題は解決できるとは限らないのが疲れないの運動は、毎日1時間さえすれば少しあえいで明眸、また減量.

時が多い都市化、補習に近視張本人
国民健康署の調査の結果、99年の幼稚園や保育園年長組の近視率中番盛んにそれぞれ4 . 6%、7学年小さい;国及び国六ちゃんは学年の近視率は17 . 9%で、62%、表示<時>学童は年齢とともに成長し、近視の比率が急速に大幅に上昇して現
のように.臨床観察によると,<被害児童早い>近眼に強い近視(>600度)機会が拡大し、強い近視眼の病気が生じやすい多く、失明につながる可能性
Pは、居住地の都市化レベルが高く、屋外活動が少なく、休日にはモニターや補習が近視のリスクが増加する可能性が高い.その中に、居住区に属する都市化程度が高い,回虫症、地域の近視の状況により郷と居住者は、1 . 37倍の近視リスクの一週間だけいち~に野外活動や以下の児童のうちに、毎日アウトドアの児童のには、1 . 5倍以上の近視風険;休日や非休日であろうと、近視児童の補習時間よりも非近視児童長倍以上.