『守護認知症介護者の回虫症自己調整』

林奥さんに中国から嫁いで来台灣、生2人の子供は、現在はそれぞれ1年と三年、姑が膝て歩きにくいのが不便で、あまりにも家事を手伝って、家の中にも外主は彼女にする、しかし彼女は何もないんだがなので,先生を尊重する彼女は、人目も私は奥さんがどのようにまたどのようですかと、奥さんを絶賛し、自分は一生修理に来る福が彼女を.

p>が、昨年義父に中<风后、家もまた一人の看護、介護もちろんより家族が、いつも多くの労力を分担して、毎日お風呂に入ると委員会は舅の介護に責任を負って、このように彼女を見る時間があって、2人の子供の宿題.しかし、林さんはちょっと罪悪感を持って、自分が過去に似ていないのが先生の口にする完璧な奥さんだと思う.

p>と<部分伝統考えず、最後までやり遂げ一分足りない尽力は、特に目上の人の世話をして、仕事になんかして他人と自分があまりに親孝行をして、介護と、人は私達の親不孝、あるいは介護どう可能がある私たち家族などこのようなアイデアがあるが、過小評価専門看護を提供することができるの協力、時には家族の圧力の下であることを.

p>の家族の世話をする<認知、早く半ばの仕事まで世話にはないように長期ベッドや麻痺患者が、後期同じ失禁と24時間看護の場合、早く中期頃、認知特有のいくつかが遊走や妄想などの症状は、介護者も時の体験を警戒する.

p>と<現在認知に関する患者あるいは専門の協会にも特に重視し介護者の部分で、患者は少ないので自体がほとんどを自分で発声者なので、介護者は代表として自分で、いつも代表病人のため、どのように介護者の心身の健康を保ち、大事なせる失知者を得ることができる最高の世話をするのが先決条件.

国内外各種調査によると、認知症の介護者は家族が多く、もちろん長所短所でもあるが、同様に、かもしれないことを含む世話を過小評価作業所の時間,回虫症、経験と専門度など.多くの認知症者が早期にないと思っているは病人が,後期には無理、介護者のキャラクターと機能の転換が必要の専門は協力.

介護者心理状態の調整<被害」が重要
本来塾で教え、お母さんと診断された認知後、独身の彼女はとても自然な兄と姉たちは母の世話をするのはもちろん人選約束ごとに、彼らは1人1人1 月払;万元、、妹がすべてお母さんの支出を担当する.陳さんと思って、1ヶ月の4  ;万元で、ほとんど彼女と本来の給料はたいして違わないで、お母さんの出費は十分支払いました.

pはそろばんが根本的に間違っているとは思いもしなかった.もともと昼間は家の母に慣れて、病状によって変化して、1人の独りで1人の独りになって探すことができて、1度自分一人で外出することができて、幸い近くに近くの友達に家を見て帰って帰ってからでないことを見て.陳さんは会社をやめるしかない.